採卵鶏の育成・飼育

ひよこから約4ヵ月間タマゴを産む日齢まで育成舎で飼育します。
すべての鶏が健康に育つように徹底した管理をしています。

・飼料  鶏の生育に合わせた飼料を与えます。 鶏の腸内環境を整える乳酸菌も定期的に与えています。

・病気予防 プログラムに沿って病気予防のワクチンを接種します。 病気に強い鶏に育てます。

・環境   新しい鶏が鶏舎に入る前には、徹底的に鶏舎設備を洗浄消毒します。

標高700mの高原にあるため夏でも外気温は最高32℃、夜は25℃以下に下がります。
冬は外気温が氷点下10℃以下になることもありますが、温度をコントロールできるウィンドウレス鶏舎なので、鶏は夏でも冬でも快適に過ごすことができます。

・管理   鶏の健康状態を毎日チェックします。
飼料を食べた量や鶏舎内の温度、タマゴの産卵率、重量、鶏の体重測定をして何か問題がないか、あれば早期に改善します。

卵の生産・販売

伊奈養鶏場GPセンター(鶏卵を洗浄選別する工場)には、鶏卵洗浄選別機、自動ひび卵選別、自動汚卵選別、自動血卵選別機を導入。

品質の良いタマゴだけを製品化して、いわき市内や茨城県千葉県埼玉県のスーパーに新鮮なパック卵を納入しています。

鶏が一所懸命産んでくれたタマゴを、ひとつでも無駄なくスピーディに製品化できるよう、生産量、受注量の調整、機械のメンテナンスに力を入れています。

 

鶏糞の肥料化・販売

餌を食べた量と同じだけ鶏糞がでてきます。 適切に処理しないと、悪臭やハエの発生や地下水汚染など環境に悪影響を与えてしまいます。

伊奈養鶏場では、鶏糞を全量発酵処理して優良な有機質肥料を生産しています。 有用微生物を利用した4工程循環型発酵処理と呼ばれる独自の発酵技術を駆使し、臭いの少ない、農家の皆さんが使いやすい良質な有機肥料を生産しています。この有機質肥料には、有用微生物が1gあたり60億個以上含まれこれらの微生物が産生する分解酵素や、アンモニア態窒素、水溶性りん酸、水溶性カリウム等が豊富に含まれ植物の生長に寄与しています。 各種機械散布機に対応し、プロの農家さんやゴルフ場でも使用され高評価を得ています。